日本人は世界的に見てもきれい好きな国民性を持っています。

ほぼ全ての人々が毎晩、お風呂を利用する国民はとても稀です。

また欧米の方々の中にも、毎晩浴室を利用する人々がいますが、浴槽に浸かりません。

ほとんどの方が簡単なシャワーで済ませてしまいますので、日本人の風呂の感覚とは別物です。

Yahoo!知恵袋を利用するなら此方のサイトです。

日本人にとって毎晩のお風呂は、健康を保つ上で欠かせません。
お湯に浸かるのは、単なる息抜きではなく、雑菌や体の汚れを洗い落とすために必要な作業です。

また肩までしっかりと浸かる事で、体温を適切に上げ、肉体の免疫力を常に高く保てます。

入浴剤やバスアロマ等、毎日の風呂を楽しく演出するアイテムも充実しており、入浴中にスマートフォンや読書を満喫しながら、ストレス解消を進める人々もいらっしゃいます。
ただ、長年住み続けた住宅の場合、バスタブや浴槽が傷んでしまっている恐れがあります。

ユニットバスのリフォームサイトで情報を入手してみて下さい。

またカビや汚れが染み付いてしまっているすれば、毎晩利用する度に複雑に気分になるでしょう。

いわゆる風呂好きな方々が多いご家庭であれば、思い切って古いリフォームしてみるのも良いかもしれません。

リフォームすれば、狭かったバスタブを広げたり、浴槽の素材を新しい物に変更出来ます。



またリフォームする事で、カビや汚れ、痛みなどの問題を全てクリアー出来ますので、毎晩気持よく体や髪を洗えます。
新素材で出来たバスタブは、カビがそもそも発生しにくい等、掃除を頑張る人々を助ける仕組みがありますから、早にリフォームしておけば、家事労働の負担軽減にもなります。